サーバーの種類

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

サーバーについて

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

「サーバー」にはどんな種類がありますか?

サーバーの種類は多岐にわたります。まず、「サーバーソフトウェア」なのか?「物理的なサーバー」なのか?それとも「OS」なのか?などです。

サーバーソフトウェア、サーバーOS、サーバー(ハードウェア)に分類して説明いたします。

サーバーソフトウェア

WEBサーバソフトウェアで最も人気があるのは、フリーソフトのApacheです。一方企業内のイントラネットではMicrosoft社のIISの人気が高いようです。

主に使われているサーバーソフトウェア
  • ApacheHTTPDServer
  • IIS (MicrosoftInternetInformationServices)
  • Nginx

サーバーOS

WEBサーバソフトウェアはサーバーOS上で稼働します。OSと言えばクライアントPCで一般的に使われている、windowsやMacを思い浮かべる方も多いかと思います。ファイル・画像を数人でシェアするだけでしたらそれらのOSでも対応は可能です。例えば、Windows 10 は、他のPCとファイル共有やプリンター共有ができる機能を備えていますがその上限は最大20まです。不特定多数のユーザーで情報をシェアするためには専用のサーバーOSが必要になります。

主に使われているサーバーOS
  • CentOS
  • Debian GNU/Linux(デビアン グニュー リナックス)
  • Fedora
  • FreeBSD
  • Red Hat Enterprise Linux

サーバー(ハードウェア)

大手企業などの場合、自社内にサーバーを持つ企業もありますが、大抵の場合はレンタルサーバーを利用することが多いです。レンタルサーバーは次の4種類に分類できます。

その他にも『ホスティングサービスでよく「共用サーバー」と「専用サーバー」と聞きますがどんな違いがあるのでしょうか?』を是非参考にしてみてください。

サーバーの種類のまとめ

種類を一覧にするにはサーバーを「ソフトウェア(サーバーOS/WEBサーバーソフトウェア)」「ハードウェア」に分類しなければならないということがわかりました。

それだけ用途に適した選択が多ければ利用者の利便性は上がる一方、選定するにも専門的な知識が必要になります。

サーバー運用に関してのご相談もお気軽にご相談ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

サーバーに関する情報とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る