Googleベニスアップデートについて

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

SEO(検索エンジン)対策で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

2014年の年末頃から日本でも影響し始めたGoogleのベニスアップデートは、どの様な点に気を付けて対応すればいいか?また、検索結果にどのような変化があるのか?をこのページでは解説しています。

ベニスアップデートとは検索結果をローカライズ(検索利用者の現在地)し、ユーザーに見合うパーソナライズされた表示をするGoogleアルゴリズムのことを指します。

検索結果に地域が含まれる

2014年の年末頃から日本でもちらほらベニスアップデートの影響が出てきたと言われています。
具体的に事例をあげると、神奈川県横浜市から検索した『歯医者』の検索結果と、千葉県千葉市から検索した『歯医者』の検索結果は異なるものになりました。WEBサイト内の記述やIPアドレスなどから該当のWEBサイトの所在地を判断して検索ユーザーの位置情報と照らしあわせ結果を変えます。これまで地域検索は『キーワード+地域』などで検索することが多かったですが、『ビッグキーワード』単体でも地域性のある検索結果が得られるようになってきたと考えられます。

ベニスアップデート対応ポイント

地域に関する表記を必ず入れる

titleタグやh1タグなどの中に地域の表記を極力入れる

ローカルSEO対策をする
  • 地域特化したポータルサイト等からの被リンク
  • NAP管理の徹底
    NAPとは、Name:名称(企業名、施設名、店舗名など)、Address:住所、Phone:電話番号を略した表記です。
    参考:Web担当者Forum
Googleベニスアップデートについてのまとめ

ベニスアップデートで検索結果に大きな順位の変動がありましたが、このアルゴリズムの変化をポジティブに考えてみましょう。あなたの運営するWEBサイトがきちんとローカルSEO対策されていれば、全国版のWEBサイトよりもローカルにおいては有利になると考えることができます。運営目的に合った施策を実施して成果の出るWEBサイトを育てて行きましょう。

SEOやその他検索エンジン対策に関しては、『検索エンジンフレンドリーで安定したWEBサイト運営』もあわせてご覧ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

SEO(検索エンジン)対策とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る