WEBサイト成功の定義とKPI

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

WEBサイトってどうなったら成功なんですか?

WEBサイトの成功には様々な形があります。WEBサイトを立ち上げる前に目標となる数値を決めて目的を明確に定義することがとても大切です。

目標を決める前に目的を決める

目標を決める前に必ず決めておかなければならないのは、WEBサイトの存在意義(役割)です。例えば、WEBサイトをひとつの広告媒体として考えるのか?メディアとして考えるのか?または、設備として考えるのか?で目標となる数値は変わります。何故ならWEBサイトの目的の違いで求める成果や関わる人員が変わってくるからです。下記は考え方の参考事例ですが3つのパターンをご紹介いたします。

広告媒体として考える

WEBを広告媒体として考えると、例えばセールごとにページにクリエイティブが発生したり、導入部分でのインターネット広告が必要になります。セールの売上げ目標に対して、何パーセント位のコストを広告費に充てられるか?そしてその中で何割のコストをWEBサイトにかけられるかを考えてWEBサイトの目標数値を設定します。

メディアとして考える

企業のブランディングの為のツールとしてWEBサイトを活用し、最近ではオウンドメディアとして注目されています。例えば、無料のブログで一人で運営するケースもあれば、コカ・コーラ社のように大規模なサイトと運営人員をかかえるケースもあるのでかかるコストの幅はとても広いです。そして、成功の尺度が単純に売上げとしてでは無く、ファンをどれだけ育成するかも大きな要素となります。

設備として考える

インターネットをひとつの流通チャンネルとして考えWEBサイトは営業所という考え方です。その営業所には何人の人員を配置して、どれだけの利益を上げないといけないか?その観点から初期投資、ランニングコストに対して目標数値を設定していきます。

WEBサイト成功の定義とKPIのまとめ

このように、WEBサイトの存在目的によって達成しなければならない数字は多様で、一概に何パーセントという評価は難しいです。ただ、きちんとWEBサイトの存在意義を設定して、それに対して目標数値をきちんと付けていくことは重要です。存在意義を決めて、目標を設定し、きちんと数字を検証しながらWEBサイト運営をしていくことが成功の鍵になります。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

あなたのWEBサイト、きちんとゴール設定されてますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る